最近はイタリア語についても練習

投稿者:

多言語タイピングが流行している。その流行している原因というのは、インテルステノのインターネットコンテストが行われているから。

インテルステノ(国際情報処理連盟)は毎年、春にインターネットコンテストを行っている。その中に多言語部門があるのだ。

最近、日本語から離れて、英語であったりイタリア語の練習を始めた。また、オランダ語についても練習をスタートさせている。イタリア語やオランダ語は比較的に打ちやすい言語になる。確かに英語には無い文字はあるものの、比較的に打ちやすい言語であるというのが特徴。

インターネットコンテストの多言語部門では、たくさんの言語を選択することが出来るわけで。たくさんの言語に挑戦することが出来る。できるわけなのだが、まだ自分が打てる言語のレパートリーは非常に少ない。正直ドイツ語やフランス語については勝負にならないほど遅い。ロシア語については打ったことすらない。

イタリア語やオランダ語がしゃべれるのかというと、そうではない。実は全くしゃべることが出来ない。仕事の都合で英語をしゃべることはたくさんあるが、それ以外の言語についてはしゃべることは出来ない。ただ、打つことが出来るのはスクリーンキーボード機能に頼っているから。

ともあれ、今は日本語のタイピングから離れて、何か新しいものに挑戦してみたい。そんな思いを抱いている。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください