実力のあるタイパーの目線を追う

投稿者:

アイトラッカーというものがある。これは、自分の目の動きを追ったものを画面上に表示できるものである。

タイパーにとって、アイトラッカーというのは大事なものかもしれない。

タイプウェルであったり、e-typingであったり、タイピングをするときに大事になって来るのは目線だと思っている。視線をどこに向けているかによって、短文や長文をスムーズに打てるかどうかが変わってくるということだ。

部活動をやっている頃から感じていることなのだが、目線とタイピングというのは大きな相関関係があると考えている。どこに視線を送るのか。これによってスピードは全然違うと感じている。

タイピングの実力者というのは、長文であってもスムーズに打つ。そして、全くつまずくことが無い。YouTubeにも動画が上がっているが、たとえばJokerレベルの実力者は本当につまずかない。

こうしたJokerレベルの実力者は視線をどこに送り、そしてどうやって難しい文章に対応しているのかがすごく気になっている。難しい文章になってくると、「うっ」となって止まってしまいがち。自分の場合は本当に速度に影響が出る。というかすごく遅くなる。

もう少しYouTubeであったり、Twitterでアイトラッカーを使ったタイパーの風景を見てみたい。他のタイパーはどのようなタイピングをしているのか。そのタイピングをしている時にどのような目線の動き方をしているのか。これは実に興味深い。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください