難しめ。今回は手こずるか。毎日パソコン入力コンクール冬季大会

投稿者:

今回は落語がテーマ

今回は落語がテーマになっており、落語に関する専門的な言葉や作品の名前が入って来る。有名な落語家の名前、落語の演目が語句として入っている。たとえば、「噺」という言葉。今回はかなり同音異義語に苦労をするかもしれない。

英語は同音異義語に左右されない

初見で打った英文Bの結果

英文は同音異義語に左右はされない。たとえば、和文であれば「噺」を打つにあたって、代表的な打ち方が二つある。それは「話」なのか「噺」なのか。あえて一つ付け加えるとするならば、「話し」である。

要は和文Bを攻略するためには変換効率をどのようにして上げていくのかということである。

対して、英文Bについては同音異義語の変換という縛りはないわけなので、しっかりと練習をして慣れていけば記録を伸ばすことはできるはず。

まあ、それは和文Bについても同じか。

結局はどのように準備するかが重要

和文Bについてもそうだし、英文Bについてもそうなのだが、結局はどのようにして準備をするかが大事ということなのだ。

和文Bについては本当に変換効率をどのようにして上げていくかが重要になってくる。今回は変換効率を上げるために、どのような準備をしてきたかが勝負のかなめになってくると思う。

かな入力で打つか、ローマ字入力で打つかで違うところもあるわけなのだが、それ以上に今回は変換効率の良さというのが大きなカギになってくると読む。

さてさて、今回はかなり癖のある問題が出ている。平均点ももしかしたら低くなってしまうのではないだろうか。今回の出場選手がどのようにして文字数を伸ばしてくるか期待をする。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください