コムテック用 OBD2-R3を購入

聞きなれない人が多いかもしれない。

OBD2-R3というのは自動車用の配線コードの一つなのだが、レーダー探知機への接続に用いる。

これによって、何が分かるかというと、レーダー探知機に自動車の情報が映し出される。ここでいう自動車の情報というのは、ハイブリッド車であればバッテリー容量であったり、モーター走行時間であったり、トルクの情報などが挙げられる。

以前所有していたOBD2-R2では、こうした自動車診断用のツールは表示されるものの、そうした表示については限度があった。ところが、OBD2-R3が発売されたことによって、表示に限度があったものについても見ることが出来るようになった。

だいたい、5千円ほどで購入が出来るので、レーダー探知機をシガーソケットからとっているような人は、OBD2-R3を購入してみてはいかがだろうか。わざわざ、シガーソケットから電源を取る必要もなくなる。