高校生向け就職試験もまた近し。面接試験の準備を急げ。

さて、9月になると高校生も就職試験の季節ということで、履歴書書きも最終局面を迎えているのではないだろうか。

企業も新規高卒の獲得に向けて、色々と動き出しているわけで。ハローワーク主催の合同企業説明会においても、様々なPRをしてきていることだろう。

まず、高校生の就職試験において、最低限気をつけなければいけないことを書いておくと

  1. 履歴書は丁寧な字で書くこと
  2. 身だしなみをきちんとしておくこと
  3. 丁寧な言葉遣いが出来るように準備しておくこと
  4. 志望動機や自分の長所をきちんと言えるようにすること

他にも挙げていったらキリがないわけなのだが、最低限のこととして、上記に上げたものについてはきちんと答えられるように準備をしておこう。

職種や業種を選んだ理由

また面接においては、「なぜこの職種を選んだのか」、「なぜこの業種を選んだのか」を問われることがあるわけだ。業種や職種というのは数多あるわけで、その中で「なぜこの職種を選んだのか」、「なぜこの業種を選んだのか」をきちんと答えられる必要がある。

すぐに辞めるのではないかという心配がつきまとう

もちろん、学校の成績が良いにこしたことはないが、問題なのは「すぐに辞めてしまうのではないか」と思わせてしまう事である。企業としては採用した以上は、基本的には長いお付き合いをしていきたいわけだ。

「学校の成績が良い」イコール「絶対に採用される」というわけではない。

あくまで、その企業が必要としている人材に、あなた自身が当てはまるかどうかということが重要なのだ。

簡単に辞めるような人を企業は採用したくないわけで。それは当たり前の話なのだ。

さて準備を

いよいよ、高校生も就職試験の時期を迎える。高校生にとっても、企業にとっても大事な時期がやってきた。はっきり言えば、これは命運をかけた大勝負なのである。だからこそ、しっかりと就職試験に向けて準備を行っていかなければならない。