B型シリカゲルは今日も調子よく

一眼レフ用に使っているB型シリカゲル。

梅雨明けはしたものの、連日湿度が高い状態が続いているため、晴れた日であってもB型シリカゲルは欠かすことのできない存在である。

この前、半日以上、B型シリカゲルを天日干ししたわけなのだが、確かに吸水性が高まっているようである。そして、その吸水性は今も持続しているようだ。

何度も書いていることなのだが、自分が使っている乾燥剤は再生シートで天日干しのタイミングを調べることが出来る。再生シートが青色からピンク色に変色したときが天日干しのタイミングということになっている。

天日干しの前、確かに再生シートの色はピンク色になっていた。半日以上の天日干しで青色に戻り、実際に使用をしてみると湿気は確かにとれているようである。

ここ最近、一眼レフを使いたいと思っていても、使えるタイミングを失っている。まず連日の暑さが一つの理由。本当は外の写真をとりたいのだが、ここまで暑いとなると、さすがに写真を撮る気にもなれなくなる。

晴れているのは良いことなのかもしれないが、ここまで気温が上がると気象災害レベルなのではないかと。そろそろ、高温に関する特別警報を創設しても良いのではないかとすら思ってしまう。

まあ、良く晴れているから、B型シリカゲルの吸水性を再生するのには適しているのかもしれないが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください