ハザードマップを今一度確認をしよう

各自治体のホームページなどに記載がされているハザードマップ、もしくは各自治体から配布されているハザードマップ。それを今一度、確認をしてほしい。

西日本で豪雨が発生した。だからこそ、問われているのは防災に対する意識。ハザードマップを確認することによって、どのような行動をとればいいのか、ある程度の予測は可能である。

たとえば、大雨が降ってきたときに、どのタイミングで避難所に逃げればいいのか。ハザードマップにはそういったことも記載されているので、是非とも参考にしてほしい。とにかく、川沿いの人は氾濫した場合の事を考えて、はやめにハザードマップを確認した方がいい。

そんな自分も昨日、自治体のホームページに掲載されているハザードマップを確認した。

ちなみに、ハザードマップについては、一定期間が経つと更新されていたりするので、常に最新のハザードマップを確認しよう。