新潟県知事選挙から最近の判断材料を考えてみる

新潟県知事選挙は明日、投票日となっている。これは新潟県民だけではなく、新潟県民以外の人も興味を示す選挙となっている。

その理由は簡単である。現在、新潟県知事選挙に立候補をしているのは3名。花角氏、池田氏、安中氏の3名だ。

マスメディアによれば、花角氏(与党側)と池田氏(野党側)の一騎打ちという見方が強いようだ。ただ、やはり選挙なのだ。安中氏にもスポットライトを当てるべきなのでは?

YouTubeのライブ放送はすごかった

ここ最近、YouTubeでもライブ放送が出るようになっている。

最近の新しい形なのだろうか。YouTube上でもライブ放送が行われていた。あくまで自分の話になるのだが、こうしたライブ放送を今まで見たことが無かった。

一般的に、選挙活動が行われている時に、その候補者のもとで演説を聞くということを自分はしない。いや、大半の人は演説を聞きにいかないのではないだろうか。どこで演説をしているかも分からないし、そもそも演説を聞きに行く考えもないだろうし。

しかしながら、ライブ放送で演説を直接聞ける状態になっているのだ。候補者の追っかけというか、同行している人がライブ放送をしているのだろう。こういう人がいるからこそ、わざわざ演説をしている場所まで行かなくても、演説を聞くことが出来るわけであって。そういう意味ではYouTubeのライブ放送は役に立っていると言える。

デマには注意を

選挙の間、必ずと言っていいほどデマと遭遇をする。デマには注意すべきだ。候補者に関するデマ情報は本当にSNSを中心に、流れやすい状況になっている。

問われるのは有権者のネットリテラシー能力。正しい情報と間違った情報を見極められる能力が求められているのだ。情報の取捨選択が出来るようにならなければならない。

たとえば、敵対している勢力がデマの情報を流すことがある。我々、有権者としては間違ったデマに惑わされることなく、正しい情報なのかどうかを精査をし、正しい知識に基づいて投票をしなければならない。

情報源はどこなのか。それが正しい情報なのか、間違った情報なのか。見極めること自体が有権者の務めなのである。

変わっていく選挙の形

選挙の形はどんどん変わっていくのではないか。変わっていく最たる原因はSNSをはじめとするインターネット環境だ。

インターネットの環境が変わることによって、発信力が大きく変わっていく。やはり、インターネットによる発信力というのは絶大なのだ。

時代に合わせて公職選挙法も変わっていく。というか、変わっていく必要がある。インターネットはこれからも大きく変革をしていくことだろう。だからこそ、時代に合った選挙活動を行う必要があるのだ。

間違いなく言えることは、有権者もこれからインターネットを頼りにして、投票をするということだ。

確かに新聞やテレビで判断をする人が多いのも事実だ。しかしながら、今はインターネットが発達しており、色々なところから情報を入手することが出来るのだ。時代は大きく変化してきている。インターネットから得た情報をもとに、投票をする人だって年々増えているはずなのだ。

もしも、選挙活動をするのであれば、時代に合った選挙活動を行うことが必要である。これは当然のことなのだ。そして、時代に合った公職選挙法になるように国会議員は改正に努めなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください