像とバラを被写体に

像とバラを被写体にしてみる。

別に像を全体的に写すという手段をとっても良いわけなのだが。

ただ、このように写真の右側に像を撮影し、左側にバラを撮影しておくことによって、何らかの意味合いを含ませることが出来るのではないかと。

写真を見て、その見た人がどのように解釈をするのか。それは、人によって変わってくるだろうし、色々な解釈があって良いのではないだろうか。

何か複雑なことを考えている子どもなのか
リラックスをしている子どもなのか

像とバラを移すことによって、日本人にとっては、どこか非日常的な何かを感じ取れるようにしている。というか、感じとっていただければよいと思っているが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください