ブログを書くにあたって、屋号よりも記事のタイトルが重要な理由

ブログが売れるようにするためには、そのブログの屋号を売りに出すよりも、明らかに効率が良いのは記事のタイトルで売りに出た方がいいという事である。

屋号は有名になったときにこそ、威力を発揮する

ブログの屋号は、そのブログが有名になったときにこそ大きな意味を持つようになる。確かに、ブログの屋号を前面に出したい気持ちはわかる。ブログの名前をアクセスランキング用などに使用し、屋号を使ってブログを有名にしようと考える人は多い。

しかしながら、ブログの屋号は検索記事にはなかなか引っかからない。検索にヒットしないというのが現実だろう。

ブログの屋号というのは、きわめて特殊な名前になる。ネットを検索する人間が、検索しようとする言葉とブログの屋号が一致する可能性というのは、あまりないように思える。

検索ワードというのは、そのネットユーザーが調べたいと思っている、いわばニーズなのだ。わざわざ、ブログの屋号を入力して調べるというのは少ない。というか、ブログの屋号を検索ワードにして調べるということは、ある程度そのブログが有名でなければならない。

記事の見出しに工夫をさらに凝らす

それゆえに、記事の見出しには工夫が必要なのだ。

短い記事の見出しよりも、少し細かい記事の見出しの方が良いように思う。だいたい、検索結果に出てくるワードというのは、そのブログの記事の見出しになっていることが多いのだ。残念ながら屋号ではない。

たとえば、今読んでいる記事の内容というのは、「ブログを書くにあたって、屋号よりも記事のタイトルが重要な理由」である。屋号に力を入れるよりも、記事のタイトルに工夫を持たせることが大事であり、また記事の内容についても、読者が引き込まれるようなものを作り上げなさいと言っている。

まずはコンテンツを充実させるべき

まずは記事の内容について、充実化を図るべきである。ブログの中身というのは、基本的には記事の内容によって成り立っている。記事の中身を充実させることが、ブログを書く者の使命なのである。あとは、その記事が単なる自己満足で終わるのではなく、どれだけ読者にとって有意義なものなのかということだ。

そのためには記事のタイトルは分かりやすく。

読者の立場でブログを幾度も読んだことがあるならばわかるはずなのだ。なぜ、ブログの記事を読むのかというと、記事のタイトルにある程度の情報が書かれているからである。そのある程度の情報というのは、今のあなたが気になっていることという場合もあるし、直感的に気になってしまったものという場合もある。

だからこそ、記事のタイトルに工夫を凝らすというのはとても大事なことなのだ。ブログの屋号をどんどん前面に売り出すよりも前に。