インターネット上における一眼レフ画像のギャラリーを設置

一眼レフを4月に購入した。その一眼レフを使って撮影をした写真をインターネット上に残してみたい。

なぜ一眼レフを買ったのか。

一眼レフを購入したのは4月の話。なぜ、一眼レフを買ったのかというと、実は職場ではイベントがあったときに撮影を記録するという係を任されていたというのが理由の一つであった。

職場にあるデジタルカメラを使って、イベントの撮影をしていたのだが、撮影をしているうちに、段々それでは満足しなくなってきてしまった。

ちなみに、職場で撮影係を担当して3年が経っていた。3年もイベントを撮影していると、段々デジタルカメラの画像だけでは満足できなくなってしまってきたのである。

シンプルな情景から撮影をした人間の意図を読み取ってほしい

写真とは一つの作品である。だからこそ、ある一人のカメラマン、ある一人の撮影者が撮った写真から、どういったメッセージが含まれているのかということを察してほしい。裏テーマというか。いやはや、それは表のテーマなのかもしれないが、写真には画像の裏に秘められた何らかのメッセージがあると自分は思っている。

単に綺麗に見せたいとか、単に綺麗に撮影をしました。そういう写真もいっぱいあるわけなのだが、それだけではない。時として、その写真の裏に込められたメッセージを読み取ってほしい。そう願っている撮影者だって多いはずなのだ。

写真とは一つの作品なのである。

最後に

今回の写真はこれだ。

本当はもう少し突っ込んだ写真を載せたいところなのだが、試しに撮ってみた写真ということで。まだまだ、一眼レフを買って、間もないわけなのだが。

しかしながら、一眼レフで撮影をするのは面白い。

自分はこう思う。

先ほども書いたわけなのだが、一眼レフで撮影をしたシンプルの写真。シンプルな写真の中に込められたメッセージ。単純な写真の中に込められたメッセージ。自分はそういうシンプルな写真の中に秘められたメッセージ。それを解読するというか、解釈することだ非常に好きなのである。

今、載せた写真のは特に意味はないのだが。。。

ただ、時として。これから載せようと思っている写真の中にはメッセージ性の強いものも当然ながら含まれる。というか、含めようと思っている。

写真とは芸術だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.