メインアイデアを3つ立てる練習(面接対策)

ライティングテストや面接対策としてやっているのが、本論(メインアイデア)の中で3つの理由や根拠を挙げる練習。

今はワードを使い、あるトピックについて賛成か反対か、その理由として3つを挙げる練習を行っている。

前々から言っているが、序論と結論については、ある程度のひな型があるため、序論と結論の練習は1次試験の直前や2次試験の直前でも十分に対応が出来る。問題なのは本論の3つの理由と根拠。たとえば、こんな風にやっている。

Hosting the Olympic Games outweights the disadvantages?
1. It is easy for people living in a hosting country to access.
2. Hosting the Olympic Games boost the economy.
3. It makes lots of people be interested in sports.

まあ、これが説得力のある理由と根拠になっているかどうかは不明なのだが、今は本論を固めていく練習を重点的に行っているところだ。序論と結論については、直前でも対応できるわけなのだが、本論が一番重要。とっさに本論を試験会場、しかも試験の場で思いつくというのは至難の業だと思うので、それなりに練習を重ねておく必要があると考えた。

あと参考にしているのは2つの本。一つは「1級 面接大特訓」、もう一つは「2017年度版 英検全問題集」である。スピーチの流れというか、ひな型をしっかりと覚えたいのであれば「面接大特訓」のCDを何回も聞きまくることをお勧めするし、一応の模範解答を知りたければ「全問題集」のCDを聞いておくことをお勧めする。

「全問題集」のCDの場合は、Morning SessionのカードAの5つ。カードBの5つについては収録されていないのでご注意を。

さて、もうすぐで英検まで50日ということになる。正直言って、12月が本との勝負。ただ、車の中でCDを聞きまくっているということもあって、それなりにリエゾン対策も出来ているような気もするのだが。現在はTOEICのリスニングテスト用のCDも併用しながら、英検のリスニングのパート3対策も同時並行で行っているという感じだ。それにしても、英検のリスニングの方は相変わらずレベルが高い。

Weblioの語彙問題対策についても、カバー率は50%程度。まだまだ、カバー率が低い気がするので、語彙をもっと効率よく覚えていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です