色々音読してみるぞ。

英検1級の勉強の続き。確かに長文のレベルは難しくなっている。レベルが難しいのは当たり前のことなのだが、、、

今日も実は買い物に出かける際、ドライブ中には英検のリスニングにプラスして、実は面接のモデルを聞いていたのである。今回聞いていたのは、「面接大特訓」の方ではなく、2017年度版の旺文社から出版されている「全問題集」を参考にしている。

CDの内容については、大体の事は聞き取ることが出来る。それは準1級の内容と重複しているというわけなのだろうか。しかしながら、今まで準1級を取得したあとにもTOEICを受けているわけだし、今のレベルとしては細部まで聞き取ることは難しいところもあるのだが、おおよその部分では聞き取ることが出来る。

難しいところがある。それはリスニングのパート2.

リスニングのパート2は内容からしても難しいものを取り扱っている。パート2が取り扱っている分野は色々あり、それは人文学に関するものだったり、歴史に関する者だったり、科学技術に関するものだったりと、色々なジャンルにわたっている。だからこそ、色々なジャンルに対応が出来るようにしておかなければいけないのだが。

しかしながら、自動車を運転しながらのリスニングというのは、少しながら効果はあるようだ。ただ、事故に遭わないように気をつけなければならないような気がする。もちろん、事故に遭わないように周りに気を配りながらリスニング対策をしているつもりなのだが、難しい問題が出た場合には集中力が途切れてしまうのは確かだろう。とはいえ、基本的には運転に集中しているわけなのだが。

リスニング対策や長文対策、あるいは面接対策としてCDを聞いているわけなのだが、英検本番まで60日を切っている。果たして効果があるのだろうかと、疑いを抱かざるを得ないわけなのだが、疑いばかりを持っていても仕方がない。とにかく、やらなければ意味がない。何かしら行動に移さなければ意味がない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です