1月21日向け英検1級の対策など方針

2018年1月21日に行われる2017年度の第3回英検。英検1級をしっかりと合格をするために、対策を今のうちに練っておきたい。本来であれば、短期間で合格をするつもりであったが、あともう少しで合格というところで落ちてしまった。だからこそ、今度こそは合格したい。つまりは4回目の受験。

重点項目としては次のようになる。

  1. 語彙問題の正答率を上げる
  2. リスニングのパート1の正答率を上げる
  3. ライティングテスト対策の強化

まず語彙問題の正答率を上げたい。今までの採点基準は語彙問題よりも、長文の方に力を入れれば高得点を取りやすいようになっていた。ところが、CSEスコアが採用されたことによって語彙問題にも力を入れないと取れないようになった。

リスニングについてもパート3はしっかりと点数がとれているのだが、なぜかパート1が取れていないということが分かった。

ライティングテストもまだまだ点数が足りていない。ここを如何に伸ばすかが今後のカギになりそうだ。特にライティングテストは、のちの二次試験対策にもつながって来る。前回の試験ではあまりライティングテスト対策が出来ていなかったので、今回はしっかりと対策を練っておきたい。

そういうわけで、さっそく音読練習なども取り入れていきながら、英検1級の合格に向けて対策を行おうと思っている。というか、もはや実際に英検1級の対策は行い始めているところもあるのだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です