明日、さらに過去問をやります。

とにかく自分に必要なのは経験値。

2014年第3回はボロボロ。

当たり前ですが、2014年第3回についてはボロボロの結果でした。見慣れない単語が数々並んでいました。ボロボロになるのは当然です。

単語帳だけでの学習には限界があるということだね。やっぱり、全問題集を飼っておいて正解だったわ。そして、何よりも全問題集を試しにやって正解。

メディアで見る単語くらいは覚えよう

テレビや新聞で見るような単語くらいはせめて覚えようと思った。なぜなら、日常でよく使うから。Schizophrenia(統合失調症)とかさ。

人によっては覚える必要はないと主張することだろう。しかしながら、知っておいた方が問題解くときに明らかにイメージがつきやすい。

というか、この試験は各分野の背景が分からないと解けないことが多い。

今日はひたすら復習に時間をかけました

当たり前ですが、やっと後の復習が大事なんです。

  • どこが間違っているのか
  • なぜ間違ってしまったのか
  • どのように改善するのか

最低でもこの三つの観点から復習をすることが大事かな。

1級は「表現」の試験です。

英文法の試験は2級まで。1級は「表現」の試験だということを痛感しました。

「医療」、「政治」、「歴史」、「生物」、「科学」、「経済」

このあたりは絶対におさえなければいけない所ですかね。各分野に出てくる表現を覚えるだけでも合格率は格段に上がるという事。

英検1級に合格をしているということは、幅広い分野における表現を知っているということを示します。

明日は2014年第2回をやります。

今日は復習を徹底的にやって、明日は第2回をやろうと思います。

「でる順パス単」も実は昨日購入したので、ある程度の効果もあるのではないかと。今のところ、3周目にはいったところですね。

ただ、まずは音読練習をしたいと思っていますし、長文問題で分からない単語が結構出ていたので、そのあたりを復習してから臨んでいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です