ズタボロの結果(集中ゼミの26日目~28日目)

TOEICのリスニングとはワケが違うんです。。。

TOEICリスニングパート4で準備

まず、TOEICリスニングのパート4でしっかりと耳慣らし。耳慣らしをしたのちに、英検のリスニング問題、パート3に挑むことにした。

TOEICのパート4と英検のリスニングパート3については、流れる放送に結構共通な点がある。だから、類似する放送をたくさん聞いて練習することによって、いくらか対策が出来ると思っていた。

悪い癖が出ました

問題文に書かれてある質問については簡単に理解することは出来る。それに選択肢もすぐに読むことは出来る。

問題は俺の悪い癖。

「あれ? これで良いの?」

そう、正解をしているのにも関わらず、本当にそれであっているのかどうかが不安になって選択肢を変えてしまうという悪い癖。

経験値が足りないジャンル

TOEICのリスニングのレベルにさらに肉付けをした感じの英検1級リスニングなわけだが、あんまり自分が聞いたことのないジャンルのものを聞くと、途端に分からなくなってしまう。

旺文社の集中ゼミ29日目のリスニング問題については、楽に出来たわけなのだが、27日目と28日目のリスニングについてはズタボロ。苦手ジャンルというか、いわゆる経験値が足りないジャンルの問題が出来たのだ。

解き方は分かっている。つまり練習不足。

解き方は分かっているし。だから、これは練習不足なのだ。色々なジャンルのものを聞いていく必要があるし。今日は音読練習だろうな。

一度で音読をして、その意味が分かるようにならなければ意味がない。

同時にスピーチ練習をしよう

今日あたりから少しずつスピーチの練習をしていきたい。

とはいっても、まだ上手くスピーチをすることは出来ない。というか、自分の考えを口に出して言ってみるという事は、最初の段階ではとても難しいことなのだ。

まずは模範解答を音読してみたい。そうすることで、色々なアイデアに目を通すことになり、自分が意見を述べる時の参考になるかもしれないからだ。今日あたりから、少しずつ進めていけば、少しずつではあるが出来るようになるだろう。

明日、30日目のテストに挑戦

ボロボロになるのは分かっている。でも、ボロボロの結果になるのは当たり前。始まって10日目だ。

自分を危機的状況に追い込まなければならない。そうでなければ、一生懸命にやらないから。

30日目のテストをやる際なのだが、ここでも英作文はまだやりません。英作文を除いた状態でまずは挑戦をします。いわゆるマークシートで解かなければならないものについて、先に実力を測ってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です