エッセイ・スピーチ対策をする前に

エッセイ・スピーチ対策をする前に戦術を考えてみたい。

日本語で考える。英語表現はあとでついてくる。

エッセイ・スピーチで一番困ってしまうのは、アイデアが思い浮かばないという事ではないだろうか。

あるお題について意見を考えていくわけだが、その時に必要になってくるのは

  1. 賛成か反対か、はたまた問題点を論じる
  2. 理由を三つ考える
  3. まとめ

日本語で出来ないことを英語では出来ませんよね。

大事なことは筋道立てて論じられているか

旺文社をはじめとするテキストに書かれてあるのは模範解答です。言ってみれば、高得点の解答が掲載されています。だけれども、そこまで立派に書く必要はないんです。

  • お題について書かれているか(お題から逸れてはいけない)
  • 意見や理由を支える具体例があるか(例がないと具体性がない)
  • 伝わりやすい英語(スペルミス等は厳禁、英語以外の単語も厳禁)

英検のサイトにも採点基準が載っているので必ず確認すること

https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/2016scoring_w_info.html

今後の対応

まずはお題を見て、三つすぐに理由を書けるかどうか日本語で試すことにする。

また並行して、模範解答を見ながら表現を覚えていくことも行っていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です