英検1級 リスニングパート3を楽に解けないと

英検準1級の時はパート3を楽々解くことが出来ていたんだけれども、1級になってから苦手意識が。そう思ったので、改めて学習方法を見直してみることにした。

準1級が出来ていたという慢心

準1級の時は楽々解けていたんだが。だから、慢心していたのだろう。もう一回、確認をしておかないといけない。だいたい解き方は分かっている。そして、この問題は全問正解が出来るくらい難易度が低いということも知っている。

まずはCDを聞いてみよう

CDを聞いて問題を解いてみる。やり方は分かっているし、まず最初の問題提示の所については、英文はすぐに読める。だから、そこについては問題が無い。

ただ、まだまだ問題になれていないということ。そう、リスニング対策はあまりやっていないのだ。全問題集は以前に購入したことはあるのだが、別売りのCDは買っていなかったのだ。英検のリスニング対策を本気でやっていなかったのが最大の原因か。

今日、ちなみに模擬問題をやってみることにする。英作文はとりあえず省くとして。マークシートで答えられるものついては、今日実際にやってみることにする。単語問題に苦戦するとは思うが。リスニングについても、自分の実力を試してみたい。

そもそも日本語でも解けなければ解き方が分かってないということ

たとえば、日本語で放送されたときに、問題が解けないとしたら。。。それは問題を解くための力が足りないということになります。。。

どうしても、伸びないという方はまずは日本語でシミュレーションをしてみては?

音読は内容が分からなければ意味がない。

要するに放送されている内容、そしてどのような話がされているのか、意味が分かっていなければ、音読をする意味もないということになる。

まず、自分が何を聞き取れていて、何が聞き取れていないのかを知ること。音読はその後にやるということになる。それも一回ではなくて、何度も音読することが大事。それはよく分かっている。

まあ、ついでに2次試験のスピーチについても音読をしてみようか。

今回の記事のまとめ

まずは問題を解いてみる。まあ、やり方は以下の通り。

  1. 問題をノーヒントで解く
  2. 答え合わせをする
  3. 2回目を流して分かるかどうかを確かめる
  4. スクリプトを見て内容をチェック(意外と聞き間違いが多い)
  5. 和訳をチェック
  6. 音読。。。
  7. 楽にできるようになったらOK。

楽にできるようになって来たら、パート3は大丈夫かなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です