とにかくキーボードを見ないように指導すること

タッチタイピングが出来るようにするためには、とにかくキーボードを見ないように指導することです。キーボードを見たくなる気持ちはわかりますが、キーボードを見ているうちは、なかなかタッチタイピングは覚えられません。

タイピングソフトを使って、それぞれのキー配置を覚えさせるというのも手です。ただし、タイピングソフトを使って覚えさせることが出来ないということになれば、”asdf”, “jkl;”の文字を使った練習用のページを作成し、それをひたすら打つ練習を重ねるというのも一つです。

“asdf”については、配置をかえて”adsf”であるとか、”afds”であるとか。

色々と打つ順番を変えて、やってみるというのも練習の一つです。そして、それを何度もやりまくること。

本当はタイピング練習ソフトがあった方が一番いいのですが、、、

まずはホームポジションの配置がしっかりと分かること。そして、まずはホームポジションの配置でもってタッチタイピングが出来るようになるということが基本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です