ワープロ部の顧問になったら その1

もし、ワープロ部の顧問になったら、どのようにすればいいのか。

ワープロ部は商業高校に存在をする部活なのだが、大会もあるくらい、実は競技系の文化部なのである。

そんな部活の顧問になってしまったらば、どのようなことに気をつけて部員に指導をすればいいのかと言うことを色々と書いていきたいと思う。

まずはホームポジションをしっかりと身につけさせよう。

きちんと10本指で打てているか。そもそもキーボードの打鍵を行う場合には、必ず10本の指を使って打鍵を行うことになる。そして、効率よくキーボードを打っていくためには10本の指を正確に打たなければいけないのである。その基本がホームポジションのなのだ。

まずはホームポジションをしっかりと身につけさせること。

特に”asdf”, “jkl;”の8つのキーをしっかりと体に染み込ませる必要があるということだ。

“g”, “h”については後で良い。まずは8つのキーの位置を体に染み込ませることを優先的にやった方がいい。

パソコン初心者、とりわけワープロ部の初心者に対しては、このような指導から行った方がいいのである。

キーボードは一切見てはいけない。体に染み込ませるためにはキーボードを見ないようにして練習させる必要がある。

タイピングゲームを使って覚えさせるというのも一つの手である。

とりあえず、今回の記事はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です