教科書改訂期に入ってきている

教科書によっては改訂期に入ってきていて、多少問題であったり、文言が変わっていたりすることがある。そのため、注意をしなければいけないのは、『譲り受け』。

2歳もしくは3歳ほど上の兄弟がいる場合にはご注意を。

2歳もしくは3歳ほど上の兄弟がいる場合、そこから譲り受けるとしても、改訂版になっていることがあるので注意が必要。文言、問題、イラストが変わっていたりするので、授業を受けると変な感じになってしまう。

もちろん、大筋で変わっているわけではない。ところどころ、変わっているところがあるという話。

教科書会社も色々と頑張っています。文言や内容を現在のものに合わせていかなければいけない。時代に合わせていかなければいけないという事。

たとえば、去年までは「はやぶさ」について取り扱っていたが、もはや内容としては古くなってきているので、「はやぶさ2」を内容として取り扱いましょうというケース。

大筋は変わっていないけれども、微妙に変わってくることがあるので、簡単に譲り受けるというのはリスクが高いということ。

なので、教科書を購入するときに学校側に問い合わせてみるのも一つかもしれない。簡単に譲り受けるというのはリスクがあるというのを知ってほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です