SNSを使った効率の良い学習法の一つに、自分が覚えたことをSNSで披露することがある

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を使用した効率の良い学習法の一つとして、自分がその時に学習したことについてSNSを使って振り返るというのがある。

自分が学んだことを公開するにあたっては、正確な情報でなければならず、そのためには自分が学んだことについて、まずはしっかりと振り返る必要がある。

ノートを見て振り返る方法、教科書を見て振り返る方法。学んだことについて復習をする方法というのは色々あるのだが、SNSを使って復習をするという発想を思いつけば大したものである。

ノートや教科書を見るだけでは退屈

ノートや教科書を見て復習をするというだけでは非常に退屈である。と言う風に考える人も多いのではないだろうか。復習というと、大体こんなイメージがつきまとうものである。

だからこそ、効率の良い方法はないかと思って探しているうちに、時に一つの方法としてSNSを使って何かできないかという発想にたどりつく。という場合もある。

ツイッターで披露する場合

現時点では140文字でしか一回のツイートでは表現できない。だからこそ、どれだけ簡略化して学んだことを表現するかということである。

自分が学んだことを簡略化して140文字以内で表現するということは、つまりこういうこと。

要約する力

これを身につけるには最適。学んだことを要約して表現する力がこれによって鍛えられる。そこで、どこかがおかしければ指摘を受けるわけなのだが。指摘を受けるという点も、コミュニケーションツールとしての特徴だろう。

フェイスブックの場合

ツイッターよりも少し長め。しかしながら、あまりにも長すぎると全体表示にならないことがあるので要注意。ここも、やや要約する力が求められる。

画像はツイッターと同じく沢山貼り付けることが出来るのだが、画像を貼ることばかりに時間を割いてはいけない。大事なのは相手にどう分かってもらえるか。自分の成果をどう知ってもらうかということなのである。

ブログの場合

フェイスブックよりもさらに眺め。伝えたいことは全部書けるとは思う。しかしながら、長すぎると全体表示はされるものの、読み手には飽きられてしまうので要注意。そういう意味では全体表示に甘えないこと。

ツイッターやフェイスブックとは違って、おそらく一番コミュニティの数が多めになるかと思う。不特定多数の方に閲覧されるという点はツイッターやフェイスブックと同じだが、ping送信やランキング登録を含めてみると、通知として全体に知れ渡るのが一番早いのかもしれない。この点について間違っていたら、誰か指摘してほしい。

教科書を作るのと同じ感覚

教科書やノートを相手に見せるのと同じ感覚。自分で作成した教科書を相手に見せるというのと同じことだ。

つまり、何もわからない人に対して、自分で作成した教科書を見せた時に、相手にきちんと分かってもらうことが出来るかということだ。

単に自分が学んだ成果を見せるとなれば、それは自己満足に過ぎない。もちろん、自己満足で終わりたい人はそれでいいのだが。ただ、読み手の事も考えてほしい。

終わりに

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が普及したことによって、不特定多数の人に自分の考えを伝えられる機会が多くなった。そこに学習の方法を組み合わせることによって、効率よく自分が学んだことについて復習をし、どれだけ自分が理解しているかを確かめることが出来る。そして間違っていれば、それについて的確なアドバイスや指摘を受けることもできるということだ。

せっかくインターネットの技術が発展しているのだ。SNSの利点を活かしながら、学生のみなさんは学習に取り組んでもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です