教育に携わりたい学生は必見。教員の役割分担について

学校の教員は忙しいイメージがあるとは思います。主たる仕事というのは、生徒に授業を行うことです。教科指導、生徒指導、進路指導と業務は多岐にわたるのですが、今回は教員の役割分担について簡単ですが、書きたいと思っています。

教員の業務には5つの柱があると思っています。参考書などを見ると、教員の仕事は授業だけでなく、多岐にわたることが分かります。その5つの柱とはどういったものがあるのでしょうか。

教科

中学校や高校は専門教科に分かれますよね。これが基本になると思います。教科の中にも係に分かれます。教科主任、検定係、教育課程委員会、予算係など色々あります。

教科のトップを教科主任と言います。教科窓口という場合もあります。常勤の教員、非常勤の教員も含めて、まず基本的には教科に属します。

学年

これもイメージがつきやすいです。学級担任などはこれに入ります。学年の組織としては以下のような感じです。

学年主任・学年副主任、学級担任・学級副担任、学年付き教員(総副任)

以上のものと合わせて、次のような業務も行います。

福利厚生係、教室施錠、学年生徒指導、学年進路指導、学年会計など

やはり、学級担任というイメージが強いというか、やはり花形なんです。ですが、学年が上手く機能するためには様々な係の協力があってこそなのです。

校務分掌

副担任にとって次に大変なのが校務分掌だと思います。これも色々なタイプがあります。法律によって、教諭をもって充てなければならない職があります。

教務主任・生徒指導主事・保健指導主事・進路指導主事

これらは教諭あて職です。各学校には絶対一人います。中学校や高等学校には絶対にこの人たちがいます。この人たちを筆頭に各種業務をこなしていくわけです。

教務・・・時間割、チャイム、授業時間統計、監督割など

生徒指導・・・制服、交通、特別指導、生活指導など

保健環境・・・清掃用具、美化運動、避難訓練、保健指導など

進路指導・・・進学指導、就職指導、模擬試験、検定など

図書視聴覚・・・図書館、視聴覚機器の整理など

生徒会顧問・・・生徒会執行部への助言、委員会、部活動など

渉外・・・PTA、同窓会、地域交流など

委員会

あんまりイメージがないかもしれませんが、教員は何かしらの委員会に所属しています。以下に代表的な委員会を挙げておきます。

校務運営委員会・・・学校の運営にかかわるもの

生徒支援委員会・・・特別支援など

いじめ対策委員会・・・校内のいじめ防止

同和教育推進委員会・・・人権教育など

コンピュータ運営委員会・・・情報資産の活用など

教育課程委員会・・・教育課程の編成など

衛生委員会・・・保健環境、労働環境の整備

クラブ同好会

これは結構有名ですよね。教員は何かしらのクラブ同好会の顧問になる必要があります。

今年度4月より、「部活動指導員」という新規の制度が始まります。今までは外部指導者が部活動指導を行う事も出来たのですが、大会引率などが出来ないという欠点がありました。また、部活動の顧問教員が必ずしも、そのクラブの専門ではないために、顧問教員の負担が大きくなるという欠点がありました。

もちろん、部活動の顧問が好きな人もいます。部活動に熱意を持っている人は、当然ながら一生懸命に頑張るべきです。

今回のまとめ

教員の業務は基本的には5つの柱があります。この5つの柱をもとに、教員は業務を行っていくわけです。

参考書にはなかなか書いていないこともあると思いますので、これから教員になりたいと思っている人や、これから教育実習に行く予定の人は知っておいた方がいいでしょう。そして、教育実習に行く予定の人は、これを参考にしながら教育実習の準備を進めていってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です