ランキング上位者として持つべき品格を考える

幸いなことに毎日パソコン入力コンクールでは上位につくことが出来ている。だからこそ、気を付けなければならないことや、持つべき品格とはどういうものなのかを考えてみることにした。

実力あるものとして

ランキングの上位についたということは、それだけ実力があるということを示す。地区、ブロック、全国など色々なランキングがあるわけなのだが、どのようなランキングであっても上位というのは、その母集団の中において実力が明らかにあるということだ。実力者としての誇りは持たなければならないだろう。

手本として

実力があるということは、相手に対しては手本としても示せるわけなのだが、単に手本として示すのではない。

考え方としては「手本として恥ずべき行動はしてはならない」ということだ。

手本として恥ずべき行動はしない。ランキング上位者というのは、その母集団の中においてはモデルであり、お手本なのである。だからこそ、失礼な行動をとることや信用を失墜させるような行動をとることは許されない。

代表者として

手本であり実力があるということは一種のリーダー的な存在であり、その母集団の中においては代表とされる人物ということになる。

ランキング上位者は色々なところに引っ張られやすい。もちろん業界によっては、1位でなければいけないというところもあるだろう。

一度ランキングの上位に入ってしまえば、ほぼ確実に名前は残ることになる。名前が番付に刻まれるということは誇り高いことだ。そして、その母集団の代表として次のステップに何らかの形で呼ばれることがある。

今回のまとめ

もちろんランキングの上位につくまでには多大な努力がある。その努力があったからこそ、ランキングの上位につくことが出来るのである。まれに天才が出ることもあるのだが。

しかしながら、上位につくということは誉れである。力があるだけでなく、その集団の中の代表格である。次のステージに抜擢されるにふさわしい人物ということになる。それゆえに恥ずかしい行動は出来ないということだ。

ランキングの上位者は、とは言ってもポジティブな意味でのランキング上位者ということになるが、やはり気品あふれる人物であることが求められよう。もちろん、場合によってはアピールに出なければいけないことだってある。自己アピールに出るのはあくまでも最低限として。

本当に実力があれば、その国の代表として、その国を背負うことになる。それは大きなプレッシャーなのかもしれないが、本当に誉れなことである。

ランキング上位者は誇り持ち、恥ずかしい行動をすることなく、気品あふれる行動をとることが常に求められる。それは公共の場であっても、あくまでプライベートな場であってもだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です